マイクロバス 貸切のメリットとデメリット

ドライバーなしでマイクロバス 貸切を利用すると言うときもあるでしょう。
こうしたときにはそれなりのメリットがありますが、デメリットもあります。これについてみてみることにしましょう。

まずは自分たちで運転をすることのメリットです。
運航スケジュールは自分たちで自由に決めることができますかから、当日になって行き先をある程度変更したいと言う場合でも問題ありませんし、送迎のような感じで使うこともできるわけです。

ちなみに、運転手なしでのマイクロバス 貸切において発生するメリットは実はこれくらいで、これが一切行われないのであれば、プロのドライバーに運転を任せた方が絶対に安心なのは間違いないでしょう。

どうしても自分たちで運転したいと言う場合には、運転免許の種類に気を付けておきましょう。
マイクロバスの場合は、原則として中型以上の免許が必要になりますから、取得している人でなければ運転はできません。
自分の免許が対応しているかどうかを事前に確認しておきましょう。

そしてデメリットはと言うと、運転手は自由に行動ができませんし、精神的に大きな負担もかかります。
もしかしたらそれで事故も起こしてしまうかもしれません。
この点だけで見ても、あまりいいことはないと言えるのです。
運手の際には万全の対策を持って挑みたいところです。